片づけに興味がある人は、ダイエットにも興味がある方が多いですね。

それはあなた自身でしょ、っていう声が聞こえてきそうですが、はい、その通りです。

 

ダイエットも、片づけも、両方とも、「減らす」という共通項がありますし、健康に直結するという意味で、これからの少子高齢化社会では、大切なキーワードです。

 

いいことだと思っても、やっぱりだらだらしたり、食べるものを減らすよりは、たくさん食べるほうがうんとメリットがあって、楽だからなのでしょう。

 

片づかない話です。

 

片づけないで楽をするよりも、片づけたほうが大きなメリットがあると意識すれば、片づけをするようになるわけです。

そんなことをできる方法のひとつが、みつかりました。

 

 

「ダイエット80」という、クックパッドのやせるためのカロリーコントロールを意識する、タスク型のアプリがあります。

 

本来、失敗しがちなタスクを、アプリでメリットにチェンジできるのです。

 

このアプリ値は、80kcal減らすメニューを1つずつクリアして、無理なカロリー制限をせず、ダイエットをめざすのです。

生活改善をめざすアプリです。

そのなかの「運動」というメニューのアプリの筆頭にあがっているのは、ジョギングでもエアロビクスでもなく、「30分家の片付け&そうじ」なんです。

1時間で 平均 205~275kcal  消費すると書いてあります。
家も自分もキレイになるなんて、おどろきですね。

家が片付くというメリットだけでなく、カロリー消費というダブルメリットが、そのほか、「15分の家の模様替え」は360~480kcalなど、家事に関する項目がたくさんあります。

b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s

 

エクササイスのカロリーだけでなく、日常生活のカロリーも考えれば、片づけるモチベーションも上がります。

片づけるメリットも大きくなります。

 

1時間、おおまじめに片づけたり、掃除したりというのはたいへんでも、1日に何度かにわけてすることはできるかもしれませんね。

さらに、片づけが苦手でも、ダイエットのアプリを使えば、うまくいく方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただし、タスク型のアプリは、高齢者にはあまりぴんとこないかもしれないので、注意です。

 

「いま、○○カロリー消費している! ダイエットと片づけと一石二鳥! 健康にいい」

 

と、語り掛けながら片づけていく話題のひとつにできると、いいですね。

 

実はこのアプリのご紹介は、1年半ぐらい前にも私はブログに書きましたが、あまりにも衝撃的だったので、新しい活用法を入れて、再度の紹介です。

いっしょにアプリを活用していきましょう。

どうぞ片付きますように。(実家片づけアドバイザー® 渡部亜矢)