梅雨ですね。

あわてて夏物を引っ張り出している方も多いことでしょう。

こんな方はいらっしゃいませんか?

ビジネスパーソン、お受験世帯、共働き世帯、単身世帯、介護当事者、持病がある方、年齢が後期高齢者以上の方、赤ちゃんがいらっしゃる方。

こんなことを聞くと、ほとんどの方が当てはまるのではないかと思うのです。

そんな、全年齢適応型の片づけ術です。

「衣替え」のいらないクローゼット収納への切り替えをご提案します。

講演でいつも私がお伝えしたおりますし、ブログやオンライン記事で、繰り返し書いておりますので、すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ、もう一度、復習していただければうれしいです。

私は「衣替え」のいらないクローゼット・洋服収納を常にお伝えしております。

衣替えのストレスが限りなくゼロに近いと、生活のストレスおかなり減るのです。

 

体力があっても、どんな人でも忙しかったりすると、季節の変わり目は、体調が悪くなりがちです。

日ごろ片づけができていても、疲れていたりすると、あっという間にリバウンドの危険があるのです。
とくに高齢になると、さっと羽織れるものがでてこなかったり、薄い服がでてこないと、ますます体力を消耗してしまうからです。
ましてや、親の家なんて… というのが、実状です。
実際にクローゼットが狭くて、まったく衣替えをしないというのも、それはそれで難しいかもしれませんね。

いろんな事情がありますが、今すぐは無理でも、衣替えをしないクローゼットや洋服収納に少しずつ近づけるんは
どうしたらいいのでしょうか。

今この時期にできる、とくに母娘でできる実家の片づけのおすすめは、なんといっても冬物を処分することです。

夏にみる冬物って、当然ですが、暑苦しいですね。

シーズンオフに見る冬物の服は、とくに古ぼけて見えるものです。

あたたかい時期に、冬物の厚手のブラウスや、毛玉のついたセーターをみたら、処分する気持ちになりやすいのです。

IMG_0485

次のシーズンに着ようという気持ちになりにくいものです。
ましてや今年の冬、一度も着なかったコートなど、1着処分すれば、クローゼットの中のスペースが結構あきます。

冬物はかさばりますから、片づけのコスパもいいのです。

ワンアクションで、処分すれば、クローゼットがかなり広くなります。

もしご実家の片付けを手伝うのであれば、「新しい服が買えるね」と言ってみてください。
「セーターを今クリーニングに出すのは、シーズンが違うから、ちょっと恥ずかしい」
と思うような、世間を気にするタイプの親御さんには、ぜひ、手放すように、お声掛けください。

97f9e0d2bd92020749b26123ae6a1eb6_s

クリーニングに出したら、戻ってきたと気にまた片づける手間がかかります。
クリーニング代を出してまで、とっておきたいものかどうか、考えるのも、処分するきっかけをつくりましょう。

なくせ!袖を通さない梅雨越え服

汚れたままクローゼットにしまっておくと、これから梅雨になり、カビの原因になります。
こちらも親御さんを説得できる会話術の1つですね。

真冬ものだけをしまえばいいように、少しずつでも意識していくだけでも、買い物の仕方が変わってきます。

実家に限らず、ご自分の家も、ぜひ、少しずつ、「衣替え」のいらない快適収納をしていきましょう。(渡部亜矢)