よく出る質問です。

「せっかく一緒に片付けていただいたのですが、このモチベーションを維持するにはどうしたらいいか」というご質問をよくいただきます。

講座をきいたときはやる気満々でも、すぐにやる気がなくなってしまう、ということです。
では、モチベーションを保つ、よく効く「行動」とはなんでしょうか。
それは、

「片づけの成果が見えやすいところを片づける」

ということです。

では、具体的にどういうところを、どういうふうに、片づけていけばいいのでしょうか。
それは…

いきなり広いところをやらない、短時間できるところをやる、ということです。
小さなテーブルの上、引き出し1つ分、洗面所下、本棚の1段だけというのが、王道です。

ab84b8f6f5ccfeab7a2ca1f7a26d6a7e_s

実家の親御さんのように、ご高齢の方には、トイレの前、玄関のたたき、階段など、よく歩き回る、区切られた場所を片付けるのが、安全面の確保という点からも、おすすめです。
小さく区切られた分、片付くのも短時間ですみ、片づけの成果をはやく味わうことができるのです。

小さく区切られた場所を、短時間で片づける

疲れないうちに、スッキリ成果が見える

また片づけたくなる

モチベーション維持

片づけの習慣化

というサイクルを回すことになり、

それにPDCAをあてはめていくのです。
(PDCAの片付けとの関係は、『プロが教える実家の片づけ』ダイヤモンド社が詳しいです)
小学生の勉強にたとえてみますと…
すぐに点数につながる、テスト範囲の狭い漢字テストなら、
がんばっていい点数をとることがしやすいので、多くのお子さんはやる気を持続することができます。
持続ができれば、勉強の習慣化につながります。
ところが、範囲の広いテスト勉強をするのは、たくさん勉強しても、すぐに成果が点につながらず、
挫折をしやすいですね。
いきなり、リビング全体とか、家まるごと1軒片づけるなんていうのは、
短時間で片づいた成果がみえるわけがないのですから、
勉強におきかえてたとえれば、最初から司法試験をめざすほど難しいことなのです。
また、ダイエットがつらいのは、食べたいものをがまんしても、体重が減らないときです。
体重が減るという成果が目に見えてくれば、多少、つらくても、楽しくがんばっていける人が多いですね。

実は、片づけも同じなんです。
成果が見えてこそ、モチベーションを維持できるのです。
維持ができれば、片づけの習慣化になります。
習慣になれば、モチベーションがなくても片付きます。

時間を短く終わらせるというのも、疲れない大きなポイントです。
とくに実家の片づけでの高齢の親御さんなどと片付ける場合は、いくらお元気でも、短い時間に片付けることを、モチベーションの面だけでなく、体力面からもおすすめしています。
お元気な方でも、最長2-3時間を目安にしてくださいね。

また、いくら片づけが好きな人でも、モチベーション維持には注意してください。
過ぎたるは及ばざるがごとしで、がんばりすぎると、誰でも疲れます。

d9ded22f54b1538e530f0ab548d9b73c_s
片づけが得意な人ほど、時間切れなどで途中で終わらせなくてはいかなくなった場合、
中途半端に片づけを終わらせると、つらいと感じることになりますね。

片づけがうまい下手は関係なく、ご高齢でなくても、
疲れるから片付けたくないという方は、ぜひ、時間と場所を短く、小さく区切ってください。

成果が見えるからこそ、モチベーションも維持できます。
モチベーションの維持ができれば、スキルも追いつき、PDCAをうまく回すことができます。

 

ここで間違えていけないのは、完成形はないということ。

特に親の家では、こちらも年をとりますが、親もどんどん年齢を重ねてきます。

趣味も、好みも、なにしろ体力も変わってきます。

持っている物も違ってきます。

 

状況に応じて、やる気を最大化するためには、今を最大化していくことなのです。

今を大事にすることは、未来も大事にするということです。

 

こう考えれば、捨てられないものを、「いつか使う」という理由でとってあるのは、未来のためでないことがわかりますね!

今を精一杯生きて、未来をよりよくするために、緒に片づけ活動をがんばってまいりましょう。(渡部亜矢)