親がなかなか捨てないので、「これちょうだい」と言ううそを言って、自宅に持って帰る子世代がいます。
はやく片づけたい方に多いパターンです。

じっさい、親のほうも、もらってくれるならどうぞといいます。

ほぼ100パーセント、親はいらない物、使わないものだからです。

 

そして子世代の方はというと、間違いなく、本当によく頑張っていらっしゃると思います。

でも、親が元気で、かつ、会話を日頃からしている親子さんの場合、基本的にはNGとお伝えしています。
なぜでしょうか?

なんど

非言語(ノンバーバル)コミュニケーション

 

それは、親だからこそ、嘘がばれてしまうということです。
子どものちょっとしたしぐさや、表情で、親は本当のことがわかってしまうのです。
これは「非言語(ノンバーバル)コミュニケーション」といわれています。
会話は、言葉だけではなく、五感や体に現れるからです。

多くの親は、ちょっとした表情で、「この子は、使うとかちょうだいとか言って、持って帰って捨てるんだな」と、一瞬で嘘を見抜くことが多いようです。
そして、やさしい親御さんは、「だまされているふり」をしたりします。
これが1回ならいいのですが、たいてい片づけていると、この嘘は1回ではすみません。なにしろ物が多いのですから。
だまされたふりをしないタイプの親の場合、もういいよ!ほっといて!と、ケンカになってしまうこともあります。

いずれにしても、親のこころに負担がかかってしまいます。
親子の関係は、小さいころから築き上げたことなので、単なる他人との会話とは違うのです。
自分の「しゃべり」に自信があるタイプや、饒舌なタイプの子世代ほど、気を付けた方がいいでしょう。

寄付先を伝えて、かわりに送るもいいかもしれません。

とかく面倒なのが、実家の片づけですが、親が元気な場合、多少ケンカしても、正直に時間をかけて話をしたほうが、結局は片付く近道ですね。

一緒に少しずつでもいいので、片づけていきましょう。(渡部亜矢)