梅雨本番。

洗濯物が乾かない日が続いています。

乾燥機がないお宅では、長い時間、室内やべランダに干さざるを得ないですね。

こんな日は、乾かないと嘆いても始まりません。
洗濯ばさみや余計なハンガー、ピッチハンガーの確認をしておくのがお勧めです。

今、干しっぱなしの洗濯物の量をマックスと考えることができる、ビッグチャンスなのです。

c701de6e21d04e01d9fc5708e4d63ce1_s

あまったハンガーや洗濯ばさみは、おそらく将来使わないもの。処分するのもいいでしょう。
洗濯ばさみもプラスティック製で、外に置きっぱなしにしておくと、劣化して割れていたり、変形していることもあります。
干しにくかったり、使いにくいピッチハンガーや物干しも、処分や買い替えを検討してもいいですね。

sentakuki

ワンステップ上の片づけとしては、ついでに洗剤の見直しもおすすめです。
夏はTシャツなど、じゃぶじゃぶ洗うものが増えるので、セーターなどのおしゃれ系洗剤のストックはそれほど必要ない方もいらっしゃいます。
使わない洗剤は奥にしまい、よく使う洗剤「だけ」を手前の見えるところに置くなど、
収納場所も見直すきっかけにしましょう。

実は片づけが苦手な方のお宅で、買ったのに使っていない洗濯ばさみや、開けていない同じような洗剤がよくみつかります。

senntakuki
洗濯グッズも、洗剤も、ストックを見える化するのがおすすめです。

梅雨時は、必要以上に洗濯グッズを持たないことで収納スペースを広くすることができる、ビッグチャンスですね。

どうぞ片付きますように。

(渡部亜矢)