水の役目は飲料水だけではない

防災につながる片づけ。気になりますね。

その中でも一番はやはり水ですね。

健康を保つための1日あたりの水分摂取量の目安は、
大人3リットル前後、幼児で1.5リットル前後と、ざっくり覚えておくだけでも、
いざという時、あわてなくてすみます。

男性や女性、体重などでずいぶんかわります。

赤ちゃんのミルクなどで必要な方も。
保管できるスペースや、ご家族の状況、お住まいの環境ごとに変わります。
まずは、状況を把握することから、スタートですね。

ただし、注意しなければいけないことがあります。

おすすめは、幼児も大人と同じように、ざっくり3リットル以上で計算したいということです。

水は、飲むのが一番重要ですが、傷口をあらったり、やけどをしたときに冷やしたり、食べ物をあたためたり、トイレや衣類を洗ったりと、いろんな役目があるのです。

3リットルよりも、多いのが理想ですね。

飲料水だけでなく、生活用水としての役目があるということを、考えていきましょう。

家族にあったポリタンクの大きさとは

 

地震や台風などの自然災害で、断水になったときに活躍するのが、ポリタンク。
3・11後に、防災グッズとして買って、しまっている方も多いでしょう。
これから購入する方は、水を入れて持ち運ぶことまでイメージしてから、お買い求めください。

あんまり大きいと、マンションの上層階まで、エレベーターなしで水を入れて運ぶことはできません。
ご高齢だったり、体力がなかったり、
あるいは、小さなお子さんの面倒を見ながら持ち運ぶことを考えたりすると、ペットボトルサイズぐらいしか持てないことも、十分あります。
小さなポリタンクを、多めに準備するのも、おすすめです。

ポリタンク

ポリタンクの収納

 

でも、せっかく買ったポリタンク。
物置部屋の億にしまわれていたら、いざという時、取り出すことはできないでしょう。
それどころか、取り出す以前に、落下物や床に散らかったモノが邪魔で、怪我をしたり、逃げ遅れたりする可能性さえありますね。

すぐに出るところにしまいましょう。

折り畳み式が、1000円以下で売っています。

大きさは、マンションの最上階をエレベーターなしで運ばなければいかない、女性や高齢者でいっぺんに運べないなどというときがあるので、大きければいいというものではありません。

背負えるものも、出ているので、持ち運びに心配な方は、用意しておくといいでしょう。

地震などの災害には、いつ、どこで遭うかわかりません。
部屋に閉じ込められることも考えられます。

まとまったスペースを確保するよりも、押し入れや棚のちょっとした隙間を利用して、
いろいろなお部屋に「拡散」して収納できるといいですね。
ペットボトル1本程度の隙間なら、どのお部屋にもあるでしょう。
玄関の下駄箱、クローゼットの下段など、家じゅうに分散して収納しましょう。
買ったら買っただけ、物置部屋に押し込むだけ、というのだけは、避けたほうがいいでしょう。

421492

買っただけでは備蓄にならない

 

どんなモノでも、買っただけでは、使命を果たすことはできません。

しまう場所がなければ、逃げ道を防ぎ、命を守れません。
守れないどころか、備蓄品で、怪我をする可能性さえ出てきます。

地震などの自然災害はいつ起こるか、わかりません。
水に限らず、備蓄は必要。

まずは、お部屋の片づけをして、逃げ道を確保しつつ、水やポリタンクを備蓄する場所を、分散して決めていきましょう。

優先順位はナンバーワンですね。

あまり悩ますにしまう場所を決めて、押入れなどにスペースをあけて、備蓄していきましょう。

 

きっと余計なものを処分できるきっかけになりますね。

片づきますように。

 

渡部亜矢

実家片づけアドバイザー資格講座

片づけ専門講座・セミナー

講座スケジュール