実家の片づけをプロデュースすることで、親子関係を円満にし、幸福度と生活の質を高めます。
ブログ

【Q12】親の家の冷蔵庫に、賞味期限切れのものが詰め込まれています。

【Q12】冷蔵庫に親が何でも詰め込んでいて、賞味期限切れのものであふれています。

いくら言っても、捨てません。

実家の冷蔵庫の中が常にごちゃごちゃして汚いです。

タイの調味料とか、色の変わったからしとか、いつのものかわからないものも、入れたままです。
冷蔵庫の片付け方の定義やコツがあったら教えてください。親にわかってもらうにはどうしたらいいですか。

【A】「冷蔵庫片づけの3つの鉄則」をお伝えしましょう。

冷蔵庫って、意外とよく汚れるスポットですね。

健康にもかかわりますので、これからの季節、清潔にしたいスポットです。

「冷蔵庫片づけの三つの鉄則」があります。
それは、

 

「入れすぎない」

「買いすぎない」

「食べきる量だけつくって、保存するものを減らす」

ということです。

 

親御さんにも実行してほしいと思います。
これだけで、案外簡単に片付きますが、食欲が若いころと同じでないのに、同じ量だけつくって余らせている可能性があります。

これは、多少固めでも、少ない分量だけ買うように声かけしていくしかないでしょう。

奥まで見渡せなかったら、詰めすぎだよと声をかけてくください。

批判するというより、電気代が余計になかるとか、冷えないとか、そういった事情をいうといいでしょう。

 

ポケットは、ご自分でよく使うものとそれ以外とか、チューブ類というように、ご自分なりにゾーン分けして、大きさもそろえるとすっきりします。

よく使う物は限られていますから、よく使うものを手前にしまうだけで、使いやすくなります。
賞味期限前でも出番の少ないものは、この際、一回は思い切って処分するといいでしょう。

 

ソースやマヨネーズなどの調味料は、ワンサイズ小さめにして、汚れてしまう前に食べきれる大きさのものを購入すると、案外らくにかたづいていきます。

冷蔵庫
安いからといって買いすぎないように伝えてもいいと思います。

賞味期限を管理しようとするのではなく、管理しなくてもいいぐらいの、食べきりサイズにかえていくことのほうが簡単です。

 

生活そのものを、年齢とは逆に小さくしていくのです。

すべてが小さくなることで、冷気の対流もうまくいきます。

冷蔵庫がすっきりすると、電気代も浮くねといってみましょう。

余談ですが、

冷蔵庫の中は、お片付けが苦手な人でも、ひとつの段やエリアごとに仕切られた空間を片づけていけばいいので、おすすめです。

気が付いたときに、一区切りずつ、短い時間だけ掃除していくことができます。

 

きれいになってきたら、冷蔵庫の上や扉の前も、できるだけ物をなくしてすっきりさせていくと、親御さんも料理する気持ちになることでしょう。

冷蔵庫は、健康スポット。

早めに片づくといいですね。

片づきます様に。

渡部亜矢

家庭の書類整理  片づけ専門セミナー

講座スケジュール

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人実家片づけ整理協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.