実家の片づけをプロデュースすることで、親子関係を円満にし、幸福度と生活の質を高めます。
ブログ

片づけられない人におすすめ~防災につながる究極の服の整理法~

忙しい毎日。

着ていこうとしても服が見つからないという方、多いですよね。

 

服を減らしたい。

多すぎるのは、わかっている。

でも捨てられない。

 

そんな悩みをよく聞きます。

そんな方に、とっておきの方法をお伝えします。

 

それは、「よそいき」と「部屋着」の区分けをなくすことです。

部屋着というジャンルをなくすのです!

衣替え

捨てられない服を「これはよそいきにとっておく」「部屋着にする」といって、持ち続けるケースがものすごくあります。

 

ご高齢の方や、捨てられないタイプの方のほとんどにあてはまる、といっても過言ではないぐらい、よくあることなのです。

古くなった服を、まず着ることはないのに、「部屋着にする」といってとってあるのです。

もちろん出番はありません。

 

そもそも、よそいきって、どこに行くのでしょう?

まさか、宮中晩さん会にしょっちゅう行く人はいないですよね。

 

寝坊した朝に、宅配便が突然きても、躊躇なく出られる服。

近くのスーパーにすぐに行ける服。

 

これだけイメージするだけで、部屋着がグレードアップ。

家の中で着る服も、よそいきにしたほうが、毎日素敵になりそうな気がしませんか。

 

さらにいうと、寝ているときは、すぐに逃げられるような、アクティブな服がいいですね。

ひらひらのパジャマは、地震などでいざというときに逃げられないので、私はおすすめしていません。

寝ているときに、地震がきて、毛玉のついたスウェットスーツで、外に逃げるよりも、気にいった服で、しかも動きやすくてリラックスできる服で休めるといいですね。

寝ている時間は、1日8時間だとすると、人生の3分の1。

よそいきよりも、パジャマを着ている時間のほう長いのです。

それはつまり、災害にあう確率も高いということになりますね。

 

さらに、寝室の安全性の問題もあります。

物は少ないにこしたことはありません。

たくさんかかっているパイプハンガーが地震などで重さに耐えられずくずれて、怪我でもしたらたいへんです。

パイプハンガーは、車輪がついているので動く可能性もあるし、危険です。

私はまずはなくすことをおすすめします。

 

さあ、これから、部屋着というジャンルをなくしましょう。

よそいきと部屋着の境目をなくせば、持つ服の数はぜったいに減ります。

よそいきは、冠婚葬祭用の一部の服だけになりますね。

 

一生のうちにほとんど出番のない服にお金をかけず、普段着る服や、寝ている時間に着る服にお金を使うほうが、機会費用も上がって、コストパフォーマンスもいい。

防災にもつながって、安全です。

いいことずくめです。

 

衣替えのいらないクローゼットにしようというのは、私は講演のたびに申し上げていますし、ブログでも繰り返し書いているので、かなり浸透したような気がします。

衣替えなしにプラスして、やってみてください。

一緒に、お気に入りの服、よく着る服に、お金を使っていきましょう。

片づきますように。

渡部亜矢

家庭の書類整理  片づけ専門セミナー

講座スケジュール

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人実家片づけ整理協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.