得か損か、それが問題。

一見、得した買い物と思っても、あとで使えない物だとわかり、損した気分になることってよくあります。

消費者センターなどでよく話すことがあります。

買った時の金銭面だけにとらわれて得した気分は、「損得勘定」ならぬ「損得感情」で優越感に浸っただけのケースです。

たとえば、
「値引きにならない○円の服をシーズンオフに半額で買えて得した」

というお得感。

でも、今年ほとんど着なくて、来シーズン、流行おくれの服になっていて、結局着なかったら、ものすごく高い買い物になります。

服がいっぱいで出てこなくて、しまいこんでおしまい。

さらに着ていないからもったいないと、捨てられなくてどんどんたまるというケースが多いのです。

安いからといって痩せてから着ようと思い、サイズがあわなくて結局着なかったという場合も、損になります。

シーズンのはじめに、定価で買った服を、シーズンいっぱい着倒したほうが、コストパフォーマンスがいいでしょう。

では、
「500グラム1000円の肉を700グラム買えて得した」
というのはどうでしょう?

たしかに、金銭面では確かに得しているかもしれません。

ひとり暮らしで700グラムの肉を買って、食べきれず賞味期限切れになったら、何倍もの高いお肉を食べたのと同じことになってしまいますね。

よーくシチュエーションを見極めないと、買い物は危険なのです。

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s

お片づけの場面では、「これは使っていないけれど、何年前に○円で買ったから捨てられない」という、損得勘定が働き、捨てられないケースがよくあります。
そんなときは、家の中に置くスペースの家賃を考えると、果たしてどちらが損なのか?を考えてみるといいでしょう。

服をしまう手間とか、クリーニングの料金もイメージ。
家賃勘定はなく、捨てるのが面倒という感情を優先して持ち続けるときのコスト計算が必要です。

そうすると、シーズンオフのバーゲンで買って、着る機会がないということはなくなるでしょう。

広い視野で、自分にとって本当の「損得」を見極めていけるように、日々の生活を大切にしていくことが、ポイントではないでしょうか。

正しい損得勘定は、環境にも、お財布にもやさしいのです。

どうぞ片付きますように。

渡部 亜矢

親の家を片づける人を応援します