アウトプットよりもインプットが多ければ、物がふえるのは当たり前です。

ダイエットで、いくら運動しても、それ以上に食べてしまえば…というのと同じ話です。

では、うまくしまえるようになればいいではないかという話があります。

でも、なぜか、片づけて、収納ワザを磨いても、リバウンドしてしまうことがあります。

なぜでしょう?

122586a63502cdbeddbe9267284b1918_s
それは、物をとり入れる方法を変えていないからです。
買い物をするときの基準、スタンダード化が、されていないからです。

かしこい買い物術とは、単に店舗を比較して、品質のいい物、安いもの、掘り出し物をみつけるといったことではありません。
ではなにかというと、

「使いきるまで、捨てるところまでイメージして買う」ということです。

ここからは、エピソードです。

ある60代のひとり暮らしの女性の話です。
ジャガイモやにんじんなどを野菜を、安いとつい、まるっと一袋、買ってしまいます。
食べきれなくて、いつも芽がでちゃのよね、とおっしゃっていました。
ひからびて、そのまま捨てるというのだったら、全然安くはないのです。
この方は、家族5人暮らしの時と同じ買い方をしていました。

いまは、一人暮らしなのですが、1個かうのは割高と、つい思ってしまうそうです。

でも捨てるほうがよっぽど高いですね。
管理できなければ1個だけ、その日に食べる分だけ買うと、お金も資源もムダになりませんね。

 

ある30代女性は、季節外れのバーゲンで、服を大人買いする癖が。

色がいろいろあると、迷うので、ジャケット程度なら、2色あったら2枚買うのだそう。

要するにお金持ちなんです。
安いので、来年着れるからいいやと思うのですが、次の年に出すことすら忘れるそうです。流行も変わっているしね…ということです。
それなら、シーズンの初めに、定価で買って、フルで着倒すほうがお得ですね。

 

ある40代女性は、片付けようと思い、通販でドライバーで組み立てる、ワイヤーラックを買いました。

ところが、外国製で、説明が英文!!

読むのが面倒になり、そのまま3年たったとのこと。

結局は放置。
箱にはうっすらと埃が積もっています。
片付くところか、使わない物を、お金を払って増やしてしまいました。
3年ぶりに片づけようと決心し、箱から出したら、なんと部屋のサイズが合いませんでした。

もちろん、返品はできません。
この家具を捨てるのに、粗大ごみの料金がかかってしまいます。
通販の家具は、自分で組み立てるから安いのです。
捨てるところ、手間賃などを考えて買わないことで、失敗してしまいました…

…こんな話を、とくに先日のような消費生活センターや高齢者向けの講座などでは、より詳しくお伝えしております。

かしこい消費生活おくることは、日常生活の質を上げる(QOL の向上)と密接につながっているのです。
せっかく収納ワザを磨いても、あっという間にリバウンドするのです。

 

ぜひ、「使いきるまで、捨てるところまでイメージして買う」

 

という鉄則を、頭のどこかに入れて、片づけロジックを積み上げてまいりましょう。

片づける人を応援します。

渡部亜矢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実家の片づけ専門講座

講座スケジュール

℡03-4405-9445

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・