ゴミを分けるのがたいへん!というお悩みをよく受けます。

ゴミ分別が多難な時代。生き抜くには、どうすればいいのでしょうか。

いろいろありますが、ゴミ箱の配置が大きくものを言います。
おすすめの3つの配置場所をご紹介します。

1 玄関
2 リビング
3 古いゴミの保管場所

 

1は、玄関は、届いた郵便物の封筒をその場であけて、必要ない物を、捨てることができます。

ゴミ屋敷化しているお宅は、ほぼ、郵便が封筒にはいったままま処理されていないのです。

2 は、座った場所の近くにゴミ箱があることで、食べ物のゴミや、いらないDMなどをその場で捨てることができます。

3 は、月に回収が限られている資源ゴミやプラスティックゴミの保管場所の確保です。

確保しやすさと、取り出しやすさが重要です。

 

この3か所中心に、自分が使いやすくキチンと仕分けをしやすくすることで、ゴミ出しと分別のスムーズ度が上がります。
上記以外の場所でも、自分の家の中の動線上にあるゴミ箱が、分別やゴミ出しの方法とあっているか、チェックされると、また違った場所も見えてくると思います。

ゴミ出しに関しては、高齢者をサポートしている試みが、地域によってはありますが、高齢者に限った問題ではありません。
若い人でも、仕分けが面倒で片づけそのものにブレーキがかかってしまいます。
今後の片づけは、片づけ以前に、仕分けをしやすくしてくことが、ますます重要なポイントとなることでしょう。

たかがゴミと侮らず、片づけていけるといいですね。

渡部亜矢

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実家の片づけ専門講座

講座スケジュール

℡03-4405-9445

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

bifo-