ダイエットと片づけの本来のゴールを再認識しよう

 

ダイエットの本当の意味は、体重減ではなく、健康になって、生活の質を上げること。

片づけの本当の意味も、物を減らすことが目的でなく、健康になって、生活の質を上げること。

どちらも、ゴールは同じなのです。

 

ダイエットの短絡的な目的が、みかけが「きれい」「美しくなる」ことであっても、

不健康で、体の中がボロボロだったら意味がないどころか、真逆の「悪」になってしまうのです。

 

部屋の片づけも同じ。

ママ友や近所の人、周りの人に良く思われたいと思って片づけても、リバウンドするのは目に見えています。

 

生活の質(QOL)を上げる、健康で安全のうえに、衣食住はなりたっているのですね。

IMG_1098

質のいいインプットを

 

質のよくないインプット、つまり、あまり考えずに食べる物の量がふえる
=吟味せずにした買い物が増える……

ランチ会などが続き、つい、「今日だけ」なんて理由をつけて食べてしまったり…。
さらに、体重を測るのを怠る=物の総量を把握するのを怠るということになります。
そんなときは、油断すると、部屋も散らかりがちなんですね。
忙しいという理由で机の上が散らかったり。

こういう日が3日も続くと、たいして体力が下がったわけでないのに、なんだか散らかったお部屋をみて、体力までもが下がった気がしてきます。

…ということで、こんなときの最大の対策は、インプットは吟味して、「質」を整えるのが、鉄則。
買い物上手になる。余計なものは買わない、体によくないものは食べない、というのも、ありでしょう。

 

行動に移した瞬間、効果を体感できる

 

でもおすすめは、ダイエットよりも、片づけを先にすることです。

なにしろ、片づけは、片づけるという行動に移した瞬間、部屋がきれいになり、すっきり、効果を体感できます。

ダイエットは、運動したり、食べ物の栄養バランスをよくしても、効果がでるまでに2週間ぐらいかかってしまいます。

効果が見えないと、やる気がなくなってしまうので、リバウンドの原因になってしまうのです。

そう思うと、やはり片づけは、いいことを体感しやすいことなのです。

 

…ということで、こんなときの最大の対策は、

インプットは吟味して、「質」を整える

のが、一番の鉄則。

毎日、吟味して買い物上手になる。余計なものは買わない。
足りなくなっても、お正月営業しているお店も、ネットでも買えます。
食べるものも、質を考えると、うまくいきます。
「今日だけ」はずっと続くし、体はほぼ食べ物でできていますから。

インプットを吟味すれば、自然と総量も気になりますから、体重チェック、部屋の物の総量を気にするということも、怠らなくなっていきます。

ダイエットの本当の意味は、体重減ではなく、健康になるということ。
目で見える部屋の散らかりは、心の健康もむしばみます。
片づけなくっちゃ~というマイナスの感情を、なくすだけで快適になりますね。
ダイエットは、食べ物を消化して体の組織となるまでに時間がかかりますが、片づけは、やればその瞬間から
効果を体感できます。

体重が増えたと憂う時間があれば、片づける時間にあてたほうがいいですね。
さっそく、生活の中で、実践していけるといいですね。

余談ですが、
……こんなときは、なぜか、このタイミングでくるのかな、という感じで、実家の片づけも後退の兆しが…

実家の母が、例のごとく、不要な家具を「お宅にぴったり、あげる」と言い出します。
もう、こちらが試されている瞬間です。
口から「いらない」という炎がストレートに出そうになるのを、抑えるのがたいへん。
……「いらない」という直球はNGでしたね!!

体感しやすいところから、片付けていくのがコツです。

 

とくに実家が片付くと、あなたの気持ちも整います。

物をたくさんため込むことが、豊かさという価値観と結びついている親御さんの住む実家の片づけでは、

とくにこの体感がキーポイントとなります。

 

では、片付け活動、一緒に始めましょう。(渡部亜矢)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実家の片づけ専門講座

講座スケジュール

℡03-4405-9445

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・