東京都が、空き家を借り上げて職員宿舎として活用する介護事業者や、児童養護施設を出た子どもに空き家を貸す所有者らに、経費を補助しているそうです。

空き家を活用なら補助金 東京都、介護職員宿舎など想定      2016年1月4日の『朝日新聞』朝刊
http://www.asahi.com/articles/ASHDX45TDHDXUTIL00M.html

高齢化社会では必須とも言えますし、すでに事業化しているところもあるでしょう。

空き家といえば、どうしても東京以外の地域で大きな問題になっているかのようなイメージがあります。
ところが、全国の空き家の約1割が東京都に集中しています。

数でいえば膨大なのです。
人口減がそれほどない分、見過ごされがちなのかもしれません。

記事では、 「都は団塊世代の「空き家予備軍」対策を先取りする必要がある」と表現されています。

空き家予備軍は、実家の片づけ対象世帯ですから、この視点でいえば、先取りというよりも現在進行形で、私たちの暮らしと密着しています。

空き家が近隣にあれば、他人ごとではありません。

みんなで考えて行きたい問題ですね。(渡部亜矢)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講座スケジュール

℡03-4405-9445

カツオが磯野家を片づける日 後悔しない「親の家」片づけ入門 (SB新書)