ある40代女性の片づけとご相談にうかがいました。

山手線内の高級マンションに、おひとりでお住まい。
お天気のいい日には富士山ものぞめそうな、上層階でした。

服を入れる場所がないとのことでしたが、幅4~5メートルほどの、つくりつけの、素敵なクローゼットがありました。
あけようと思ったのですが、開きませんでした…クローゼットなかは、ほとんど何も入っていません。
クローゼットの前には、段ボールが積み重なっているからです。
dannbo-ru
段ボールの壁ができあがっていて、動きません。
実は、片づけの現場で、本当によくみかける風景なのです。
せっかくの収納スペースが、有効活用されていないのが、もったいない話です。
ひっこして半年、そのままの物がたくさんあり、困っているご様子です。

ご本人は、クローゼットがつかえないので、リビングに服の収納スペースをつくっていました。

家の中は散らかっていますが、本来、たたんだり、しまったりすることが、できる方のようです。
でも、たくさんの物の前では、そんな技も、活かせなくなり、どんどん散らかってしまいます。

クローゼットが本来の働きをしてましたら、実はリビングに服をおかなくてすみます。
でも、その前に、家の中にある段ボールの中身を吟味しなければなりませんので、女性にとっては、気の遠くなるような話になってしまうようです。

それで、ひとりで解決しようと、なんとかしたいと思い、どんどん新しい収納を購入されていたのです。
片づけのやる気はあるのに、逆の方向に進んでいたのです。

でも、これはよくある片付けのワナです。
収納グッズは、片付いたあとで買うのが正解です。
・・・・・・・・・・・
このお宅は、この日はほかの片付けやすい場所や片づけ方をお伝えしました。
収納グッズに入れる物や、物の分け方など、いったんわかってくださると、サクサク進んでいったのが、うれしいことでした。

物とお部屋が、いい関係になるよう、後日またお力添えをさせていただくことになりました。
力を尽くしてまいります。(渡部亜矢)

たな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪銀座片づけ学習会≫
片づけ方のノウハウ、片づけ本の読書会、実家の片づけに関する情報交換・スキルのシェアが主流の、気軽な会です。
会員無料・一般500円 事前予約制 お申し込みはこちら
・4月29日(金・祝日)13:30~14:30 テーマ「ゴールデンウイークは買わずにお片づけ」
・5月7日(土)13:30~14:30 テーマ「防災持ち出し袋を見直そう」

そのほかの情報は 講座スケジュール をご覧ください。

℡03-4405-9445