熊本地震の被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。
余震など続いております。

どうぞ、お気を付けくださいますよう、お祈り申し上げます。

懐中電灯

地震の影響がない地域に住む方々は、すぐに駆け付けることはできなくても、できることはたくさんあります。

まずは、慌てることなく、身の回りを整えていきましょう。

余計な社会資源を使うことならなくなり、小さなことのようでも、社会貢献したことになります。

実家の親御さん、高齢者に声をかけて、いざというときどこに逃げるのか、どうやって身を守るのか、シュミレーションしてみましょう。

ニュースの映像もリアルすぎて、気持ちが落ち込む方もいらっしゃいます。注意して情報収集してください。

 

□目線を「下から上」へ移して、生活動線上の危険なものを片づける

□長時間過ごす場所で身を守る方法をシミュレーションしてみる

例 寝室、リビング。よくいくお店、職場、など

□いつも持ち歩くものにプラスするもの、余計なものはないかチェック

□家族とはぐれたときの避難先の確認

 

いずれも、すぐに防災グッズを買いに走ることではありません。物資は被災地優先です。

熊本のニュースをみながら、東京地域の方は、「東京防災」を、実家の親御さんと一緒に見直してみるのもいいでしょう。

 

アマゾンで無料で電子版もダウンロードできます

東京防災Amazon無料ダウンロード先

 

どうか被害が大きくなりませんように。(渡部亜矢)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪銀座片づけ学習会≫
片づけ方のノウハウ、片づけ本の読書会、実家の片づけに関する情報交換・スキルのシェアが主流の、気軽な会です。
会員無料・一般500円 事前予約制 お申し込みはこちら
・4月29日(金・祝日)13:30~14:30 テーマ「ゴールデンウイークは買わずにお片づけ」
・5月7日(土)13:30~14:30 テーマ「防災持ち出し袋を見直そう」

そのほかの情報は 講座スケジュール をご覧ください。

℡03-4405-9445