【Q3】実家が狭くて収納もなく片づきません。

築35年の家に住んでいます。収納が少なく、家も狭いので、すぐに散らかります。
母はちっとも聞いてくれません。捨てる気持ちはまったくないようです。
リビングや廊下にいらない物があふれています。
【A】 ここ1週間使ったものをのこして、一時保管に分けていきましょう。

「リビングや廊下にいらない物があふれている」と、自覚されているので、いらないものを、一時保管にしていってはどうでしょうか。
捨てられないタイプのご家族だと思うので、「捨てるのではなく、移動するだけ」と伝えましょう。

判断に迷ったら、ここ1週間、使ったものだけをのこします。
おどろくほど、少ない物しか使っていないはず。
それを、今ある収納に戻していきます。

IMG_0349

物が少ない方が、物の稼働率があがるということがわかると、しめたものです。

スッキリして心地よいということを、体感できるとなおいいです。
家が広くなったり、収納をふやしたとしても、片付くことはないのです。
少しずつでもいいので、使っている物は何かを見きまわえていくようにしていけるのが理想です。
なぜなら、家事のスキルがあがっていないのに、掃除や片づけをする場所が増えるだけですから、今のままでは効果はのぞめないです…。
かえって、狭いほうが、物が溢れるのに気付くのがはやく、ラッキーです。
片付けられないのなら、片付けられる量まで減らし、買いすぎないように見守るのが、一番の片付く近道です。

床置きのものをなくして、安全は確保してくださいね。

渡部亜矢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪銀座片づけ学習会≫
片づけ方のノウハウ、片づけ本の読書会、実家の片づけに関する情報交換・スキルのシェアが主流の、気軽な会です。
会員無料・一般500円 事前予約制 お申し込みはこちら
・4月29日(金・祝日)13:30~14:30 テーマ「ゴールデンウイークは買わずにお片づけ」
・5月7日(土)13:30~14:30 テーマ「防災持ち出し袋を見直そう」

そのほかの情報は 講座スケジュール をご覧ください。

℡03-4405-9445